訴訟の相談はお早めに

B型肝炎訴訟を知らない方は少なくありません。中にはB型肝炎に感染しているにも関わらず、自分が給付金受給者ということを知らない方も多いのです。しかし、B型肝炎給付金は高額ですので、本当に受給出来ないのか確認をしましょう。勝手な思い込みで給付金を逃していることもあるのです。特に、B型肝炎ウイルスのキャリアだが発症していない状態、集団予防接種による感染を証明する書類が無い、母親がB型肝炎に感染していたがすでに亡くなっている、などの理由でB型肝炎訴訟を起こしていない方は多いのです。

ホームページさらに、厚生労働省のホームページには、B型肝炎給付金についての説明が掲載されています。さらに、B型肝炎訴訟を取り扱う弁護士事務所のホームページにも、そういった説明が書かれているものです。しかし、いくら分かりやすく解説されていたとしても、どこか難しそうなイメージがあります。そのため、B型肝炎訴訟を見送っている方も多いのです。

確かに文章で読むと難しそうに思えますが、直接話しを聞くことでスムーズに理解出来るものです。多くの弁護士事務所では無料相談窓口を設けているので、まずは相談をしましょう。B型肝炎訴訟には期限がありますので、早めに相談をしてください。

弁護士の力量が問われる

B型肝炎訴訟において給付金を得るには、集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した証明をしなければなりません。具体的には、B型肝炎に持続感染している、満7歳までに集団予防接種を受けている、母子感染ではない、集団予防接種以外の感染ルートが無い、病状や死因、などがあります。

弁護士これらを書類によって証明する必要がありますが、なかなか書類が集まらないことが多いのです。母子手帳や医療記録などが必要になるのですがさすがに数十年前の書類ですので、これらを紛失してしまうこともあります。そのため、証明が出来なくなってしまうのです。

また、これらの書類が無かったとしても、それ以外に感染を証明する代替書類があればB型肝炎給付金を受け取ることが出来ます。しかし、どういった書類が代替書類として使えるか分かりませんが、そこで役立つのが弁護士のスキルなのです。優秀な弁護士であれば代替書類を用意することが出来ます。

どのような書類でも代替書類になるわけではありません。代替書類を集めるには法律の知識だけでなく、医療分野の知識も必要になるのです。そのため、B型肝炎訴訟で弁護士に相談をするのであれば、B型肝炎訴訟に強い弁護士事務所に相談をしましょう。

まずは弁護士に相談

B型肝炎訴訟の給付金を得ることが出来ますが、個人で訴訟を起こすことは出来ません。それには弁護士に相談する必要がありますので、まずは無料相談窓口を設けた弁護士事務所に相談をしましょう。

検査それでは、どういったタイミングでB型肝炎ウイルスの感染を知るのでしょうか。妊娠時の妊婦健康診査によって気づくケースは多いでしょう。そのほかに病院でB型肝炎の検査を受けることが出来ます。血液検査によって判断をすることが出来ますが、そこには注意点があるのです。B型肝炎による症状がすでに出ていれば保険適用で検査が出来ますが、症状が出ていない状態で検査を受ける場合は自由診療になってしまいます。それを踏まえた上で検査を受けましょう。

そして、各自治体に設けられた保健所でB型肝炎の検査を受けることが出来ます。保健所ではB型肝炎の検査のほかにHIV検査やC型肝炎検査も受けることが出来るのです。しかも、保健所であれば無料で検査が受けられるのですが、事前予約や人数制限などがあることも考えられます。そのため、事前に保健所に確認をしておきましょう。

また、会社などで受けられる健康診断でもB型肝炎検査は可能ですが、検査項目に含まれていないこともあるので注意しましょう。希望することで検査をしてもらえることもあるので、検査を受けたことの無い方は検査を受けてください。

そのほかにもB型肝炎訴訟に関するポイントや弁護士選びのポイントがありますので、こちらにそういった情報を集めました。