ホーム » 未分類 » 弁護士の力量が問われる

弁護士の力量が問われる

B型肝炎訴訟において給付金を得るには、集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した証明をしなければなりません。具体的には、B型肝炎に持続感染している、満7歳までに集団予防接種を受けている、母子感染ではない、集団予防接種以外の感染ルートが無い、病状や死因、などがあります。

弁護士これらを書類によって証明する必要がありますが、なかなか書類が集まらないことが多いのです。母子手帳や医療記録などが必要になるのですがさすがに数十年前の書類ですので、これらを紛失してしまうこともあります。そのため、証明が出来なくなってしまうのです。

また、これらの書類が無かったとしても、それ以外に感染を証明する代替書類があればB型肝炎給付金を受け取ることが出来ます。しかし、どういった書類が代替書類として使えるか分かりませんが、そこで役立つのが弁護士のスキルなのです。優秀な弁護士であれば代替書類を用意することが出来ます。

どのような書類でも代替書類になるわけではありません。代替書類を集めるには法律の知識だけでなく、医療分野の知識も必要になるのです。そのため、B型肝炎訴訟で弁護士に相談をするのであれば、B型肝炎訴訟に強い弁護士事務所に相談をしましょう。